アコム(acom)は生活保護受給者でも利用可能?利用できない理由や審査に通過するコツも伝授!

アコムは生活保護受給者でも利用できる?

アコムの審査時に生活保護を受給しているとバレる?

アコムでの借入を検討している方の中には、このように考えている方が多いと思います。

結論から先に言うと、アコムは生活保護を受給していると借りられない可能性が高いです。

また、生活保護を受けているのに、虚偽の申告をしてアコムからお金を借りようとする場合も、不正受給として罰せられる可能性があります。

本記事では、生活保護受給者がアコムで借入できない理由や、生活保護者でも融資を受ける方法及び注意点などを解説します。

「アコム 生活保護受給」をざっくり言うと
  • アコムは原則として生活保護を受給していると借りられない
  • アコムは最短20分で融資を受けられる
  • 生活保護受給者でも継続収入があれば借りられる可能性がある
  • アコムで借りられない時は公的融資制度を利用するのがおすすめ
  • 「質入れ」や「不用品の売却」ならすぐにお金を用意できる

生活保護受給者はアコムでお金を借りられない

冒頭でも説明した通り、生活保護受給者はアコムではお金を借りられません。

生活保護で受け取っているお金は、本人の収入とは認められません。

生活保護受給者のアコムの借入は法律上で禁止されているわけではない

「生活保護受給者がアコムでは借入できない」と法律で定められているわけではありません。

生活保護は生活保護法によって定められていますが、この生活保護法には「生活保護受給者が借金をしてはいけない」という旨の記載はありません。

そのため、生活保護受給者がアコムでお金を借りること自体に問題はないのです。

原則として、生活保護受給者はアコムでの借入はできませんが、審査にさえ通過してしまえばアコムでお金を借りることは可能です。

アコムで審査に通過するには安定した収入が必要

生活保護受給者でも審査に通過すればアコムでお金を借りられることを説明しましたが、大前提として安定した収入がないとアコムの審査に通過することはありません。

これは、アコムに限らず、どの消費者金融でも銀行からの融資でも言えることです。

どの貸金業者でも、返済能力を証明するために安定した収入があることは最低条件です。

生活保護受給者は毎月の保護費(生活費)が自分の口座に振り込まれるので、収入とは認められません。

そのため、審査に落ちてしまう可能性が高いということです。

生活保護は原則として、生活が困窮する方を対象とした給付制度です。

すなわち、生活保護を受給する時点で生活が困窮しているため、審査に通過するための「返済能力」が認められないということになります。

アコムの審査では在籍確認がある

アコムの審査では、必ず在籍確認があります。

この在籍確認とは、申込者が申請した勤務先に本当に在籍しているかを確認するためのものです。

在籍確認は通常、電話で行いますが、アコムでは原則電話での在籍確認は行っていません。

書類で在籍確認をすることになりますが、在籍確認をするためには勤務先の社員証や直近の給与明細、社会保険証などを提出する必要があります。

収入のない生活保護受給者がアコムで申込をしたとしても、この在籍確認で働いていないことがバレてしまうので、審査に通過することはできません。

生活保護受給者がアコムで融資を受ける際の注意点

ここからは、生活保護受給者がアコムで融資を受ける際の注意点を紹介します。

アコムに申込をする前に、下記の注意点は必ず把握しておきましょう。

生活保護受給者は原則としてお金を借りられない

生活保護受給者は、原則として生活が困窮している方のための制度です。

生活保護を受給しているということは、審査に通過して生活が困窮していると判断されたから給付されています。

アコムを含む消費者金融では安定した収入があることが最低条件です。

収入がなく、生活が困窮していると判断された方への貸付は、貸金業者からしてもリスクしかありません。

不正受給で罰せられる可能性がある

生活保護で支給される保護費の金額は、厚生労働大臣が認める基準で計算した最低生活費から、自身の収入を差し引いた金額です。

例えば、最低生活費が15万円で月収10万円ある場合、支給される金額は5万円ということです。

もしもアコムなどのカードローンの審査に通過できたとしても、申告せずにいると不正受給として法律で罰せられる可能性があります。

悪質な不正受給は詐欺罪として高額な罰金刑や懲役が課せられてしまう可能性もあるので、注意してください。

生活保護を打ち切られる恐れがある

生活保護受給者がカードローンを利用する場合、生活保護を打ち切られる恐れがあります。

生活保護受給者の生活をサポートする「ケースワーカー」は、受給者の銀行口座を確認する権利があります。

銀行に生活に必要な貯金や収入がある場合、生活保護を受ける必要がないと判断されることもあります。

カードローンでの借入も同じで、定期的に借入の実績があるなら生活保護受給の必要性が低いと判断されて、途中で打ち切りになる可能性もあるのです。

法律上では生活保護受給者のカードローンの利用は制限されていませんが、余分なお金があると判断されると、保護費が減らされてしまう可能性もあります。

生活保護とは、最低限度の生活を国が補償する制度です。そのため生活保護受給者は借入をしなくても生活できる状態であると判断され、カードローン会社での借入を行うと、収入と見なされる可能性があるため注意が必要です。

ヤミ金は絶対に利用しない

生活保護費が足りない場合は、消費者金融からもお金を借りられない状況でどんなに困っていても、ヤミ金からは絶対にお金を借りないでください。

ヤミ金はお金に困っている人に近づき、「即日融資」や「審査なし」というような魅力的な誘い文句で利用を勧めてきます。

一度ヤミ金に手を出してしまうと、法外な利息を請求されたり、しつこい取り立てに遭ってしまう可能性もあります。

真意に相談に乗ってくれても、ヤミ金からは絶対にお金を借りないでください。

生活保護受給者でも一定の収入があるなら融資を受けられる|おすすめのカードローン

生活保護受給者でもパートやアルバイトをして収入を得ている方は多いです。

そのような方であれば、カードローンを利用できる可能性があります。

ここからは、生活保護受給者でも融資を受けられるおすすめのカードローンを5社紹介します。
生活保護受給者でも融資を受けられるおすすめのカードローン

アコム

アコムのおすすめポイント
  • 最短20分の審査で融資可能
  • 3秒診断で、自分の名前を入力せずに事前確認ができる
  • 公式アプリで利用状況をリアルタイムで把握できる

アコムは、「即日欲しい人向け」「契約・手続きが簡単」「はじめてでも安心感がある」の部門で、No.1に輝いているカードローンです。

最短20分でお金を借りられる可能性があり、来店不要、カードレスで借入・返済ができるなど、利便性が高いのもメリットです。

また、アコムでは女性専用ダイヤルを用意し、借りすぎや返済、専業主婦やパートでも借入できるかなど、不安に思いやすい女性にも配慮されています。

利用限度額は最大800万円、契約後の30日間は金利0円で借りられるので、利息負担を抑えた借入も可能です。

審査が不安な方は「3秒診断」で気軽に診断できるから、まずは3秒診断で自分の借入の可能性を判断してみてください。

アコムの基本情報
消費者金融名 アコム
融資スピード 最短20分
限度額 1万円〜800万円
金利 3.0%〜18.0%
Web申し込み
無利息期間 最大30日間※アコムでの契約がはじめての方
担保・保証人等 不要
遅延損害金 20.0%(年率)
その他 3秒診断で、自分の名前を入力せずに事前確認ができる

他社をいくつも断られてアイフルもだめだったらどうしようと困っていましたが、ここはパスできました。

担当の人の感じも良かったです。きちんと返済していたので限度額も増額されていきました

出典:「みん評

[acom-cta]

アイフル

アイフルのおすすめポイント
  • 最短20分で審査完了のスピード感※
  • 周りに絶対バレたくない方におすすめなのは「スマホローン」
  • 24時間365日申し込むことができる
※お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。

アイフルは、大手消費者金融の中でも初めての方が利用しやすいと評判です。

審査は最短20分で終了し、即日融資にも対応しています。

そのため、今すぐお金を借りたい方にもおすすめです。

はじめての利用なら30日間利息0円で、契約日の翌日から最大30日間は利息が発生しないので、返済期間が短いほど総利息額を抑えられます。

さらに、アイフルは申込者のプライバシーに配慮しているので、電話連絡や郵送がきっかけで周囲にカードローンの利用がバレることもありません。

アイフルの基本情報
消費者金融名 アイフル
融資スピード 最短20分※
限度額 〜800万円
金利 3.0%〜18.0%
Web申し込み
無利息期間 最大30日間
担保・保証人等 不要
遅延損害金 実質年率20.0%
その他 1,000円単位での借り入れも可能

※申込状況によっては希望にそえない場合があります。

無人の機械で審査ができることや、ロックのかかる扉があったので、ほかの人に見られることなくお金を借りられたのがすごく好印象でした。

さらに嬉しかったのは、

当時バイトしかしておらず源泉徴収の紙や証明書も持っていなかったので、不安だったのですが、審査を受ける際に電話口での女性の対応がすばらしく無事借りることが出来ました。

出典:「みん評」

[aiful-cta]

SMBCモビット

SMBCモビットのおすすめポイント
  • Tポイントの利用が可能
  • 勤務先への電話連絡なしでお金を借りられる
  • 2021年HDI格付け調査三ツ星を獲得(電話対応やクオリティ部分◎)

SMBCモビットは、審査が早く審査通過率が高いこと、即日融資が可能であることなどが利用者から高く評価されています。

Web完結申込なら、職場への電話連絡なしで借入可能です。

さらに、Web上で全ての手続きと契約が完了するので、来店不要で借入できます。

審査時間は最短30分、今すぐお金が必要な場合でも、当日中に審査完了から融資まで進む可能性が高いです。

また、申込後にコールセンターに電話をすれば、審査時間を短縮できる可能性もあります。

SMBCモビットの基本情報
消費者金融名 三井住友カード
融資スピード 最短60分(即日融資)
限度額 〜800万円
金利 3.0%〜18.0%
Web申し込み
無利息期間 なし
担保・保証人等 不要
遅延損害金 実質年率20.0%
その他 借入・返済時Tポイントが貯まる・使える

他社3件55万借入有り過去(8年くらい前)金融事故あり ダメもとで申し込んだところ50万可決 電話対応もよく翌日朝1番で振り込んでくれてました。 ありがたや~

出典:「みん評

[mobit-cta]

プロミス

プロミスのおすすめポイント
  • 顧客満足度が高い
  • アプリローンで自分の借入状況を簡単にチェックできる
  • 申し込み・借入・返済をWebで完結できる

プロミスは、他の消費者金融と比べて上限金利が低めに設定されているのが特徴です。

審査は最短20分で完了。これは消費者金融の中でもトップクラスのスピードです。

はじめての借入なら、初回借入日の翌日から30日間の無利息期間がスタートし、利息を抑えて借入ができます。

Web完結申込であれば郵送物なしなので、家族にバレたくない方にとっては非常にありがたいメリットだと言えるでしょう。

プロミスの基本情報
消費者金融名 プロミス
融資スピード 最短20分(即日融資)※
限度額 〜500万円
金利 4.5%〜17.8%
Web申し込み
無利息期間 初回利用時30日間
担保・保証人等 不要
遅延損害金 実質年率20.0%
その他 コンビニATMでも利用可能

※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

土日でもキャッシングできる業者はありますよ。

ネットで審査に申し込んでおいて無人契約機に行けば良いのです。プロミスなどの大手の会社なら全国に無人契約機があるから利用しやすいでしょうね。

出典:「X(旧Twitter)

[promise_960_1200]

レイク

レイクのおすすめポイント
  • 無利息期間が60日or180日と長い
  • 融資スピードが最短60分と速い
  • 申し込みの際に15秒程度で借入可否がわかる

レイクは、カードを持たなくてもアプリのみでセブンイレブンのATMからお金が借りられて、返済もできて便利なカードローンです。

24時間365日いつでも借入と返済ができ、自分の都合に合わせて好きなタイミングで利用できます。

また、借入金額に応じて最大30日間利息0円の期間が設定され、借入日から30日以内に返済すれば利息は一切かかりません。

また、5万円以下の借入なら、無利息期間が最大180日間と長いのも嬉しいポイントです。

レイクの基本情報
消費者金融名 レイク
融資スピード 最短60分(即日融資)
限度額 〜500万円
金利 4.5%〜18.0%
Web申し込み
無利息期間 最大180日間
担保・保証人等 不要
遅延損害金 実質年率20.0%
その他 カードレスでの利用も可能

急な出費にすぐ対応していただきました。

友達の開いたパーティーに直近で出席したかったのですが、給料をほとんど使ってしまい現金が手持ちにない状態になっていた時に利用させていただきました。

審査については、カードローン自体初めてだったのですんなりと通りました。

出典:「みん評

生活保護受給者がカードローン以外でお金を借りる方法

生活保護受給者で保護費をもらっていても、お金が足りずに困ってしまうこともあるでしょう。

お金に困った時に便利なのはカードローンですが、カードローン以外にもお金を借りる方法はあります。

ここからは、生活保護受給者がお金を用意する方法について解説していきます。

生活保護受給者がカードローン以外でお金を借りる方法

質屋でお金を借りる

お金に困っているなら、質屋で借りる(質預かり)という選択肢もあります。

質屋は、品物を預ける代わりにお金を融資してくれる店舗のことです。

期限までに元金と利息を返済すれば、預けた品物は返却してくれます。

質屋では持ち込んだ商品をその場で預かり、その品物の評価額の範囲内でお金を借りられます。

時間を要する手続きや審査などはなく、どなたでも審査不要で今すぐお金を借りられて便利です。

不用品の売却

生活保護受給者でも、不用品を売却してお金を調達することは可能です。

例えば、ブランド物のバッグや財布、ゲーム機、スマホなどは、状態によっては1点1万円以上で売れる可能性があります。

リサイクルショップや買取店へ持ち込むのはもちろん、フリマアプリやネットオークションなどでも簡単に個人間で商品を売買できます。

不用品の売却であれば、お金を確保するために審査などは不要なので、誰でもすぐにお金を確保できる可能性があるのです。

自分では価値がないと思っているものでも、人によっては価値のあるアイテムかもしれませんので、自宅に眠っている不用品を探してみてください。

一時扶助を利用する

生活保護には、臨時的に必要とする費用を支給する一時扶助というものがあります。

一時扶助の種類は以下の8種類。

一時扶助の種類
  • 生活費となる”生活扶助”
  • 住居の家賃に充てる”住宅扶助”
  • 受給者の医療費負担がなくなる”医療扶助”
  • 受給者の出産費用となる”出産扶助”
  • 義務教育に関する費用に充てる”教育扶助”
  • 高校の学費や就労に役立つ”生業扶助”
  • 介護サービスの全てに適用される”介護扶助”
  • 受給者の葬儀費用となる”葬祭扶助”

これらは、特定の状況下でのみ一時的に支給される扶助です。

一時的にお金が必要で困っているなら、一時扶助が利用できるかを確認してみることをおすすめします。

公的融資を検討する

生活保護受給者がお金を作るには、公的融資も有効です。

例えば、生活保護受給者が借りられる公的融資は、次のようなものが挙げられます。

生活保護受給者が借りられる公的融資
  • 生活福祉資金貸付制度
  • 臨時特例つなぎ資金
  • 母子父子寡婦福祉資金

生活福祉資金貸付制度

生活福祉資金貸付制度は、低所得者や高齢者、障害者の生活を経済的に支えるとともに、在籍福祉および社会参加の促進を図ることを目的とした貸付制度です。

生活福祉資金貸付制度には「総合支援資金」「福祉資金」「教育支援資金」「不動産担保型生活資金」の4種類があります。

今回は生活の立て直しという観点から、「総合支援資金」と「福祉資金」の紹介をします。

総合支援資金は、生活が困窮している方が生活の立て直し、経済的な自立を図ることができるように生活支援費や住宅購入費、一時生活再建費などの貸付を受けられる制度です。

福祉資金は、生活を再建するまでの間に必要となる生活費とし、原則3カ月間、月20万円まで貸し付けを受けられる制度です。

生活福祉資金貸付制度に申し込むためには、ハローワークへの求職申込と職業相談が必要です。

まずは、ハローワークで求職登録をしてください。

参考:厚生労働省HPhttp://www.mhlw.go.jp/sft/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/seikatsu-fukushi-shikin1/index.html

臨時特例つなぎ資金

臨時特例つなぎ資金は、離職者を支援するための公的給付です。

給付金または貸付金は、当面の生活費を貸し付けることにより、生活の安定を目指す制度です。

公的給付制度や公的貸付制度の申請を受理されている方に限り、最大で10万円の貸付を無利子で受けれます。

ただし、あくまでも貸付制度となっているため、生活保護の申請の合否に関わらず、借りたお金は必ず返済しなければいけません。

母子父子寡婦福祉資金

母子父子寡婦福祉資金は、母子家庭及び父子家庭並びに寡婦の経済的自立と生活意欲の助長を図り、あわせて児童の福祉を推進することを目的とした貸付制度です。

生活安定期間の貸付は、配偶者のない女子又は男子となった事由の生じたときから7年を経過するまでの期間中、月額108,000円、合計259.2万円が限度額になります。

母子寡婦福祉資金は無利子で借りられる国からの融資です。

条件が良く、他の制度で審査に通過できなかった方でも借りられる可能性があります。

しかし、返済ができないと違約金が発生してしまう可能性もあるので、返済が難しいと最初から分かっている場合は、あまりおすすめしません。

生活保護受給者がアコムで借りる|Q&A

最後に、「生活保護受給者がアコムで借りる」に関するよくある質問にまとめて回答していきます。

次のような質問に回答していきますので、参考にしてください。

生活保護者にお金を貸すのは許される?

生活保護受給者にお金を貸すこと自体は問題ありません。

法律で制限されていることもありません。

ただし、生活保護受給者がお金を借りる際は、ケースワーカーにも提出できる借用書を必ず作成しましょう。

生活保護の申請に通らなかったらどうする?

生活保護の審査に通らなくても、再審査は何度でも可能です。

生活保護の申請には回数の制限が設けられていません。

ただし、審査に落ちた原因を解決せずに再審査しても再び審査落ちになってしまうので、対策を練る必要があります。

例えば、必要な書類をきちんと集めておいたり、生活保護の知識をつけるなどの対策が挙げられます。

生活保護受けながら仕事してる人ってバレないんですか?

生活保護の対象は、あくまでも低所得者です。

無職でないと借りられないわけではありません。

仮に、月に5万円ほどの収入があっても生活保護は受けられます。

しかし、生活保護を受けながら仕事をし、収入を得たことを申告しない場合は保護費の不正受給となってしまうので気を付けましょう。

生活保護受給者はお金を借りれる?保護費が足りないときはどうすればいい?

生活保護費が足りない場合は、質屋での質入れた不用品の売却、公的融資制度の利用などを検討しましょう。

どうしてもお金が必要だからといって、生活保護の申請で虚偽の申告をするのはやめましょう。

生活保護受給中にキャッシングを利用するとバレますか?

生活保護受給中にキャッシングを利用することは法律で禁止されていません。

また、キャッシングを利用しても必ずバレるわけではありません。

しかし、振込などで借入や返済をしていると、ケースワーカーにバレてしまう可能性はあります。

生活保護受給者がアコムで借りる|まとめ

本記事では、生活保護受給者がアコムで借入できない理由や、生活保護者でも融資を受ける方法や注意点などを解説してきました。

生活保護受給者は、原則してアコムを含むカードローンからの借入はできません。

しかし、生活保護受給者でも一定の継続収入があれば借りられる可能性があります。

また、アコムを含むカードローンの審査に落ちてしまっても、お金を借りる手段はあります。

一度アコムで申込をしてみて、審査に落ちてしまったら質屋での質入れや不用品の売却、公的融資制度の利用も検討してみてください。