取引や債権回収に係るトラブル、事業承継など、法律問題全般にわたる悩みついて、弁護士が相談を受けアドバイスを行います。 

作成した契約書が法的に妥当であるかチェックを行うリーガルチェックは行うことはできません。

相 談 例

・取引相手から契約書にないことを要求されているが、従わなければならないのか。
・納品をしたが発注先が代金を支払わない。何とか支払わせたいがどうすればいいか。
・未払いの買掛金を一括で支払うように請求された。分割して支払えないか交渉したいがどうすればいいか。

青井 芳夫
弁護士

じっくりと話を聞き、相談内容の本質を見極め、適切なアドバイスをしていきます。

小菅 拓郎
弁護士

ある事象が法律問題であることの気付き、目的に適った解決方法の模索と実行、フィードバックなど、様々な形で支援ができると思います。

堂場 加奈子
弁護士

相談を通して相談者の真に求めているものを共に考え、相談者にとって最適な解決方法を見つけるお手伝いをしていきたいと思います。